2007年07月26日

情報商材業界に”黒船”現る

この数年で、大きくネットビジネスという業界は発展してきました。



2004年にはインフォストア1社しかなかった、決済システムも今や2005年のインフォカート、2006年のインフォトップ立ち上げのほかにも、中小のASPを合わせるとかなりの数に上ります。



業界全体の月間取引額も10数億円に上るということが言われています。 そう、『情報商材』業界はいつのまにか、年間100億円以上の一大市場になっていたのです。



E−BOOK白書2006-2007 成功ノウハウ&マインド編



それに伴って、同時にいくつかのひずみが生まれたのも事実です。
いわゆる情報起業にまつわる『闇』の部分だと思うのですが・・・例えば、



・法的問題を犯している情報商材

・法的問題を犯している情報商材販売者たち

・有名ではあるが、どうしょうもない商材を販売し喜んでいるアホ

・内輪の『やらせレビュー』の横行・・・

・過剰な煽動的セールスレターの流行と、カモられるユーザー、などなど・・・・・・



情報商材という特秘性の高い商品ですから、もちろん買うまでその中身を確認することはできません。値段が高くても真に有益な情報を得ることができるからこそ、情報商材を買うときのワクワク感というのはついてくるものです。

E−BOOK白書2006-2007 成功ノウハウ&マインド編
posted by 玄武 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。